超軽量折りたたみ傘 Pentagon67

超軽量67グラム
超軽量67グラム
軽くても丈夫
軽くても丈夫
強力撥水Easy-Dry
強力撥水Easy-Dry
便利な傘袋付き
便利な傘袋付き

超軽量折りたたみ傘のPentagonシリーズが更に進化

2016年に発表した79グラムの折りたたみ傘「Pentagon79」、その2年後の2018年に発表した72グラムの折りたたみ傘「Pentagon72」と、ニューモデルが出るたびに、軽量を追求したPentagonシリーズ。2020年は遂に60グラム台になった「Pentagon67」を発表します。販売はクラウドファンディング限定です。

超軽量折りたたみ傘

折りたたみ傘のフレームに使われる素材はスチールやグラスファイバーが多く、一般的な重量は200グラム〜250グラム位です。「Pentagon67」は傘フレームにカーボンファイバーとアルミニウムを使用し、67グラムという軽さを実現しました。

また生地は、10デニールの極細繊維を使うことで一般的な製品よりも軽くて薄い生地に仕上げました。

※本商品は共袋が2種類付属しますので、重量は共袋を含まない本体の重量を意味しています。

※製品にはバラつきがありますので、1グラム〜1.5グラム程度の誤差が発生する場合があります。

カーボンファイバーフレーム

親骨と受骨には、航空機を軽量化するためにも使われているカーボンファイバーを使用しています。

 

カーボンファイバーは軽くて丈夫で、弾力性のある優れた素材ですが、コストが高いので一般的な傘には使用されていません。Pentagon67では、「軽くて丈夫な傘がほしい」というユーザーのニーズをとらえ、あえてカーボンファイバーを使用しています。

 

 ※カーボンファイバーは瞬発的な力がかかるとジョイント部分に負荷がかかり骨が折れてしまう場合があります。傘を開閉する際はゆっくりと操作してください。

シャフトと補助骨にはアルミニウムを採用

シャフト内部にはシャフトを伸縮させるためのジョイント部品が入っており、穴あけ加工が必須です。アルミニウムを採用しているのは軽量で丈夫な素材であり、加工がしやすいためです。

シャフトにもカーボンファイバーを使用することは技術的に可能ですが、軽さ・強度・コスト・歩留まり等を考慮すると、アルミニウムの方が優れています。

Pentagon67専用 10デニールファブリック

10デニール ポリエステル

軽さを追求するため、生地を改良しました。従来のPentagonシリーズではストッキングでも使われている細さの15デニールポリエステルを使用していました。開発当時はもっと細い繊維の10デニール生地の製造も可能でしたが、生地にコシがなく、折りたたみ傘には不向きな生地でした。

 

Pentagonシリーズは2016年9月に発売開始以来、生地メーカーさんと共同開発を続け、遂に3年半をかけて、折りたたみ傘に適する10デニール生地が完成し、従来生地比で15%の軽量化に成功しました。生地の1インチあたりの縦横合計打ち込み本数は411本と高密度な生地で、軽量生地でも雨が漏るような心配はありません。 

 

※他社製品ではナイロン製の10デニール生地がありますが、生地風合いの悪さ、皺や伸縮が発生しやすい、疎水性の優劣などを考慮して、アンベル社ではナイロンを採用しておりません。

ヒートカットプロセス

ヒートカット
ヒートカット
一般的な三巻縫製
一般的な三巻縫製

縫製工程を減らす為、縁かけ部分の縫製を排除し、ヒートカットという技術を採用しました。

見た目がスッキリするだけでなく、傘を折りたたんだ時の厚みも減るため、スリムで軽量な仕上がりになります。

縁部分は単に「切りっぱなし」ではなく、熱をかけながら繊維をカットします。熱をかけることでポリエステルが溶けながら裁断するので、縁部分の糸はほつれにくい加工となっています。

生地はエコテックス®スタンダード100認証工場で生産

「Pentagon67」はエコテックス®スタンダード100認証工場で生産しています。

350を超える有害化学物質が対象となる厳しい分析試験にクリアした製品だけに与えられる、世界最高水準の安全な繊維製品として認証を与えられた工場で生産しています。

 

※エコテックスはÖTI-Institut für Ökologie, Technik und Innovation GmbH社の登録商標です。


こだわりのパーツ

透明パーツを使用

傘フレームのジョイント部とハンドルにはポリカーボネート樹脂を使用。プラスチック中で最高の耐衝撃性をもつエンジニアリングプラスチックです。従来品では不透明な黒にしていましたが、再生材が横行する中国において、粗悪材料の混入を防ぐため、透明の黒にカラーを変更しています。(※再生材を透明にして生産することは物理的に出来ません。)

石突にはABS樹脂を使用し、これも再生材を使わない透明の黒で生産しています。

 

※サスティナブルな観点から見れば再生材利用も必要ですが、現時点の技術では耐久性が著しく低く割れやすいので、傘の使用するパーツとしては不向きと判断しました。

パーツの小型化

写真左:Pentagon72 写真右:Pentagon67
写真左:Pentagon72 写真右:Pentagon67
写真左:Pentagon72 写真右:Pentagon67
写真左:Pentagon72 写真右:Pentagon67

ハンドルや石突を小径化しました。ハンドルは30mm→25mmと約17%小径化、石突は16mm→14mmと1約3%小径化しました。小径化しても使用感には影響なく、よりコンパクトで軽量化されています。

軽くても丈夫

Wind resistance 耐風性能

今までの傘は軽量化をすれば強度が下がり、丈夫にすると重くなってしまいます。

Pentagon67は軽いだけでなく、カーボンファイバーを使うことで強度や耐久性にも配慮しています。

第三者検査機関において耐風テストを実施し、風速15m/sまで耐えられる丈夫なフレーム構造になっています。

【試験方法】

傘を開いてシャフトを垂直にした状態で固定し、風速を最大15m/sまで増速し1分間送風する。

傘骨各部に亀裂・破損・破断などの異常の有無を目視によって確認する。

※カーボンファイバーは瞬発的な力がかかるとジョイント部分に負荷がかかり骨が折れてしまう場合があります。傘を開閉する際はゆっくりと操作してください。

強力撥水持続加工 Easy-Dry

生地の表面には強力撥水が持続する、Easy-Dry加工が施してあり、使用後に傘を2−3回軽く振れば、水滴のほどんどが落ちます。

強力撥水効果が持続する理由

Easy-Dryは撥水性が持続する生地コーティングの一種です。撥水剤をナノクラスの細かい微粒子に改良することで、繊維の奥深くまで浸透し、非常に高い撥水性を実現しました。

 

また、細かな撥水剤は繊維表面の凹凸を少なくします。これにより、コーティングが剥離しにくくなり、撥水効果の持続性を高めています。Easy-Dryの原料の主成分はクルマに使用するワックスと同じ「フッ素」を使用しています。

Easy-Dryの撥水持続性

第三者検査機関による、生地を人工的に劣化させた後で撥水度を測定する試験を行い、Easy-Dryの生地は20回洗濯した後でも「撥水度90点」という高い撥水持続性を示しています。

 

一般的には新品の初期状態80点あれば業界基準に適すると評価されており、この結果はEasy-DRY生地が撥水持続性に優れていることの裏付けとなっています。

 

撥水度の試験はAATCC-22法というアメリカ繊維化学技術・染色技術協会(American Association of Textile Chemists and Colorists) の規格による撥水度検査方法です。

撥水度等級表

撥水度等級 湿潤状態
100点  表面に湿潤や水滴が付着していないもの
90点  表面に湿潤しないが、小さな水滴が付着しているもの
80点  表面に小さな個々の水滴状の湿潤があるもの
70点  表面の半分が湿潤したもの
50点  表面全体が湿潤したもの

長いままでも収納できる便利な傘袋付き

電車やバスに乗る時、傘をその都度きれいに折りたたむのは面倒だと思います。

Pentagon67ではクラウドファンディング限定で長いままで、収納できる便利な傘袋をお付けします。

小さな工夫 シリコンワッシャー

<シリコンワッシャー>

<従来の菊座>


ゲリラ豪雨などの雨の勢いが強いに傘を使うと稀に「伝水」という症状が出ます。伝水というのは、傘の天井部分から傘内部に雨水が染み込んでくる現象です。

 

従来は傘生地を円形状に縫製した「菊座」というパーツを取り付けています。しかし素材が傘生地では隙間があり、伝水を防ぐには足りません。素材をシリコンに変更することで、傘生地とシリコンワッシャーが密着しますので、伝水する確率が大幅に下がりました。

Color Variation

左から Teal Green、Cool Gray、Blue Night、Deep Vermilionとなっています。

持ち運びのストレスは限りなくゼロへ
持ち運びのストレスは限りなくゼロへ